作業員

しっかりと点検

自動ドアを修理する前に重要な事

忙しい仕事場や冷暖房効率には重要なアイテムである、自動ドアですが電気で稼動する電気製品でもあるため、故障してしまい修理が必要になる事があるのです。特に自動ドアは不特定多数の人が通行する場所でもあるため、汚れやほこりがつきやすい場所でもあるのです。そのため自動ドアは定期的なメンテナンスをする事が重要で、メンテナンスをおこなっていても故障して修理が必要になる事も多いのです。また自動ドアは故障してしまうと、動かなくなってしまうため、突然故障してしまうと不便になるのです。修理の専門業者も多いですが、ここでは故障させないようにするためには、どうすればよいのか紹介していきます。自動ドアを故障させないようにするには、日ごろのメンテナンスが一番重要です。

故障を少なくするにはメンテナンスが重要

自動ドアを掃除する場合は、電源を必ず切って掃除をする事が重要です。電源をきらないと大事故につながる可能性もあるので注意が必要です。簡単に掃除できる場所としては、自動ドアのレール部分です。ここは特に砂やほこりが溜まりやすい場所でもあるので、しっかり溝に入り込んでいる汚れを吸い取る事が大切です。また自動ドアは人の動きをセンサーで感知して、開閉をおこなう仕組みになっているため、センサー部分が汚れてくると、ドアが開かなくなってしまうのです。ですからセンサー部分を掃除する事が大切ですが、ここは硬いスポンジで拭くと傷がつきやすい場所のため、柔らかい布やスポンジで拭く事が大切です。このような掃除を心がける事で、修理が必要になるような故障は少なくなるのです。