作業員

専門業者に委託

マンションのエレベーター保守依頼先

マンションのエレベーター保守依頼先としては、通常どのようになっているでしょうか。 通常考えられるのは、マンションが建設された際に導入されたメーカーが当初保守を引き受けることが多いと思われます。その後も特に支障がない限り、そのままこのメーカーの保守が続いていくでしょう。こうした流れが、今までの普通のことであったと考えられます。 メーカーが保守をすることは、今まで他に選択肢がなかったということのほかに、こういったメリットがありました。それは、やはり製造メーカーである方が修理部品もまず充実していることがありますし、また修理実績の多さ、修理担当者の充実があるのが事実です。長らくそのエレベーターを担当していれば、修理履歴も分かっていることは大きいです。

これからの動向について

今までは、前に記述しました通り製造メーカーがそのまま保守を引き続いて行っていくことが通常の流れでした。 ところで、最近はエレベーター保守専業会社が保守を行うという選択肢が出てきています。このようなエレベーター保守専業会社とは、どの様な特徴を持っているでしょうか。 まずは、メーカーと比べて、コスト的に魅力があることが多いです。メーカーが保守を行っている先から変更をしてもらうために、コストメリットを出してくることが容易に予想されます。 また以前はこのような専業会社にメーカーから部品を流してもらえなくなるといったトラブルがあったようですが、現在は平等な競争を促進するためにそのようなことは規制されており、専業会社に依頼したからといって部品がそろわないということはなくなっているようです。